【独自】葉梨法相交代も 岸田首相が検討 きょうの外遊出発前に判断も

政治・外交


「死刑のハンコを押したときだけトップニュースになる」などと発言した葉梨法相について、岸田首相は、11日午後の外遊出発前に、交代させることも含めて、検討に入ったことがわかった。

国会記者会館からフジテレビ政治部・福井慶仁記者が中継でお伝えする。

11日から外遊に出発する岸田首相は、「この時期は勘弁してほしかった」などと周囲に漏らしていて、葉梨大臣の国会での答弁をギリギリまで見極めたうえで、進退を判断する考え。

葉梨法相「東京のパーティーでは、4回だと思います。あと、地元のインフォーマルな会合、そこでも複数回、同趣旨の発言をした」

葉梨大臣は、衆議院の法務委員会で、新たに「死刑のハンコ」と同じ趣旨の発言をこれまでに、少なくとも4回繰り返していたことを明らかにした。

岸田首相「説明責任を徹底的に果たしてもらわなければなりません。発言は、くれぐれも丁寧に慎重に行ってもらわなければならない」

葉梨大臣の進退について、10日と同様の発言をした岸田首相だが、複数の政府与党関係者によると、岸田首相は、11日の外遊出発前に交代させることも含めて、検討に入ったことがわかった。

野党側が辞任要求を強める中、午後の外遊出発を目前に、葉梨大臣の進退をめぐって、水面下でギリギリの調整が行われている。

(FNNプライムオンライン11月11日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 政府・内閣