【独自】米軍無人機の映像 リアルタイム共有 日本側に...初めて

社会 安保・防衛


アメリカ軍の無人機が偵察のために撮影した映像が、初めて日本側にもリアルタイムで共有されることが、FNNの取材でわかった。

鹿児島県の海上自衛隊・鹿屋航空基地に配備された、アメリカ軍の無人機「MQ-9」が偵察任務で撮影した映像が、アメリカ軍に送信されるのと同時に、日本側にもリアルタイムで提供されるという。

在日米軍・横田基地にオペレーションルームが新設され、自衛隊のスタッフが常駐して、アメリカ軍と共同で映像を分析する。

これまで、アメリカ軍の無人機の映像は、一部を加工してから提供されており、日本周辺で中国やロシアの活動が活発化する中、日米の連携を強化する狙いがあるとみられる。

(FNNプライムオンライン11月11日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

米国 FNNニュース