【速報】葉梨法相 辞任の意向固める 「死刑のハンコ」発言で“更迭”

政治・外交


「死刑のハンコを押した時だけトップニュースになる」などと発言した葉梨法相が辞任する意向を固めた。

事実上の更迭となる。

葉梨法相は9日夜の自民党議員のパーティーで、「法務大臣は、朝死刑のハンコを押して、昼のニュースになるのはそういう時だけという地味な役職だ」と発言した。

さらに、それ以前にも、同様の発言を複数回繰り返していたことを、11日に国会で明らかにした。

岸田首相は10日夜、「説明責任をしっかり果たしてもらいたい」と述べ、葉梨法相を続投させる考えを示していたが、外遊出発直前の11日になり、一転、交代に向けて調整に入っていた。

事実上の更迭となる。

岸田首相は、予定されていた外遊の出発時間を遅らせて後任選びを進めていて、夕方にも皇居で認証式を行う方向。

(FNNプライムオンライン11月11日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース