“統一教会”に質問権を行使へ 被害多く基準に該当 年内にも

社会


永岡文科相は11日朝の会見で、旧統一教会に対し質問権を行使することを明らかにした。

永岡文科相「基準の法令違反による広範な被害や、重大な影響が生じている疑いがあると認められることにも該当する」

永岡文科相は「旧統一教会をめぐる民事裁判の判決で認められた損害賠償額が、少なくとも14億円にのぼる」と述べ、行使の基準に該当することから質問権を行使すると表明した。

文科省は年内にも質問権を行使し、集まった情報をふまえ、解散命令を裁判所に請求するか判断する方針。

(FNNプライムオンライン11月11日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース