【速報】「死刑という文言を軽率に使った。国民に不快な思い」葉梨法相“死刑ハンコ”発言で辞表提出

政治・外交


「死刑のハンコを押した時だけトップニュースになる」などと発言し、更迭された葉梨法相が、さきほど岸田首相に辞表を提出した。

首相官邸で取材に応じた葉梨氏は、辞表を提出するに至った理由について、「死刑という文言を軽率に使ってしまった。国民の皆さまに不快な思いをさせた。国会日程にも影響を与えることになった」などと述べた。

その上で、「政治生命を国民のために尽くしてまいりたい」と引き続き国会議員として活動していく考えを示した。

葉梨氏は、9日の自民党議員のパーティーで、「法務大臣は、朝死刑のハンコを押して、昼のニュースになるのは、そういう時だけという地味な役職だ」と発言した。さらに、それ以前にも、同様の発言を複数回繰り返したことを認めている。更迭された葉梨氏の後任には、斎藤健・元農相が起用される。

(FNNプライムオンライン11月11日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース