葉梨法相更迭 後任に斎藤健氏 「国民の信頼を損ねた」岸田首相

政治・外交


岸田首相は、「死刑のハンコを押した時だけトップニュースになる」と発言した葉梨法相を更迭し、「本人から身を引きたいとの申し出があり、わたし自身も重く受け止めた」と述べた。

岸田首相「(葉梨法相から)政権として、さまざまな懸案を抱える中、軽率な発言によって、今後の補正予算、あるいは重要法案の審議に迷惑をかけたくない。身を引きたいとの申し出がありました。旧統一教会による被害者救済に政府を挙げて取り組む中、その重責の一端を担う法務大臣の発言によって、重要政策の審議などに遅滞が生じることを考慮し、辞任の申し出を認めました」

岸田首相は、葉梨氏の辞表の受理について、「法務行政の根幹に関わる制度についての軽率な発言によって、法務行政に対する国民の信頼を損ねた」と説明した。

また、岸田首相は、葉梨氏の後任に斎藤健元農林水産相を起用し、11日午後、首相官邸で辞令を交付した。

(FNNプライムオンライン11月11日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 政府・内閣