あと半月たったら“真冬”に! 防寒対策は「11月下旬まで」がおすすめ 気象予報士に聞く【大阪発】

社会 暮らし 気象・災害

立冬を迎え、厳しい冷え込みとなった11月7日の朝。今年の冬は、「ラニーニャ現象」で平年よりも寒さが厳しくなりそうだ。ストーブやエアコンのチェックなど防寒対策は早めに済ませたい。気象予報士の片平敦さんが解説する。

今年は平年よりも厳しい寒さに…


気象予報士 片平敦さん:
今年の冬は平年と同じか、平年より寒さが厳しくなる見通しです。「ラニーニャ現象」という、ペルーの沖合の海の温度が通常より低い現象が起きている影響で、雲のできる場所や偏西風の流れが変わり、日本付近に冷たい空気が流れ込みやすくなっています。

気象予報士 片平敦さん:
11月20日ごろまではまだ暖かい日が続くが、21日ごろから平年よりも寒くなる可能性がある。28日ごろからは本格的に寒くなり、12月5日ごろには、1月並みの寒さとなる日も出てくる。


気象予報士 片平敦さん:
11月下旬までには、ストーブやエアコンのチェックなど、防寒対策を済ませるようにしてください。


(関西テレビ「報道ランナー」2022年11月7日放送)

(FNNプライムオンライン11月12日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース