岸田首相がASEAN出席へ 中・韓の首脳と会談で調整

政治・外交 国際・海外


岸田首相は、東南アジア3カ国を訪問するため12日未明、羽田空港を出発した。

また、出発に先立ち、歴訪中に、中国や韓国と2カ国の首脳会談を行う方向で調整していることを明らかにした。

岸田首相は当初、11日午後3時に出発予定だったが、法相の交代にともなう手続きのため、日程を大幅に遅らせ、12日の午前1時にASEAN(東南アジア諸国連合)の首脳会議が開かれるカンボジアへ出発した。

岸田首相「ウクライナ、北朝鮮といった地域情勢、さらには食料・エネルギー安全保障、そして自由で開かれた貿易体制の維持強化。日本の立場、日本の主張、これをしっかりアピールしていかなければならない。関心の高い中国、韓国(との首脳会談)については、開催の方向で調整を進めている」

岸田首相は13日、アメリカのバイデン大統領との会談に臨み、その後、インドネシアとタイを訪問する予定。

(FNNプライムオンライン11月12日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース アジア 政府・内閣