“世界最小の赤ちゃん”すくすく4歳…活発な男の子に【長野発】

社会 暮らし 健康・医療

「世界最小の赤ちゃん」として生まれた男の子の成長記録。10月で4歳。体は小さいものの、きょうだいと元気に走り回る活発な男の子に育っている。

生まれた時の体重は258グラム

元気よく走り回る男の子。バットを握り…ナイスバッティング。

関野竜佑ちゃん・4歳
関野竜佑ちゃん・4歳

長野県軽井沢町の関野竜佑ちゃんだ。10月1日、4歳になった。

生まれたときは大人の手のひらに収まるほどの小ささだった。

日々の成長に両親は…。

母・俊子さん:
まだ体が小さいから4歳と思えないんですけど、できることが増えて成長してます

父・康平さん:
もう4歳なんだと感じることが多くて、4年間ちゃんと生きてこられたとしみじみと感じます


竜佑ちゃんは、「妊娠高血圧症候群」による緊急帝王切開で、妊娠24週と5日で生まれた。

生まれた時の竜佑ちゃん (提供:長野県立こども病院)
生まれた時の竜佑ちゃん (提供:長野県立こども病院)

体重はわずか258グラム、身長は22センチ。

生まれて半年余りで退院

県立こども病院の手厚いケアと竜佑ちゃん自身の生命力で、少しずつ成長していった。

関野竜佑ちゃん(提供:長野県立こども病院)
関野竜佑ちゃん(提供:長野県立こども病院)

母・俊子さん(当時):
入院中、1日おきに体重を測って、増えているのが楽しみで

2019年4月に退院
2019年4月に退院

出産から半年余り。体重は3300グラムに増え退院を迎えた。きょうだいたちは、この日が初めての「抱っこ」。

長男・佑平さん(当時):
6カ月触れなかったのは悲しかったんですけど、これから楽しく過ごしたいと思います

 

病院が調べたところ無事、退院できた男の子としては「世界最小」だった。

2019年4月に退院
2019年4月に退院

少しずつ成長して活発に

その後、軽井沢町の自宅で竜佑ちゃんは少しずつ成長。

1歳10カ月で歩くことができるように…。食べる量も増えた。

関野竜佑ちゃん・1歳(2019年10月)
関野竜佑ちゃん・1歳(2019年10月)

母・俊子さん(当時):
ご飯が大好きで、白いご飯が子ども茶碗1杯食べられるようになって。お兄ちゃんのを狙いにいくぐらい、食いしん坊

関野竜佑ちゃん・2歳(2020年10月)
関野竜佑ちゃん・2歳(2020年10月)

2歳になると体重は5675グラム、身長は65センチになり、言葉も覚え始めた。

竜佑ちゃん(当時):
ママ、ママ

関野竜佑ちゃん・3歳(2021年10月)
関野竜佑ちゃん・3歳(2021年10月)

3歳になると自己主張も…。

竜佑ちゃん(当時):
いやだ、いやだ

七五三参り(2021年)
七五三参り(2021年)

2021年は家族全員で七五三参りにも行った。

七五三参り(2021年)
七五三参り(2021年)

初めてのおみくじは…

父・康平さん(当時):
小吉だ。がんばれよ、大きくなるぞ

スキーに挑戦!(提供:関野さん)
スキーに挑戦!(提供:関野さん)

冬にはスキーにも挑戦。どんどん活発な男の子に育っている。

父・康平さん:
特に外でね、前だったらもう怖がってやらなかったようなことも、自分から率先してやるようになってきたので

関野竜佑ちゃん・4歳と兄・佑平さん
関野竜佑ちゃん・4歳と兄・佑平さん

4歳の誕生日を祝う

そして10月1日、4歳に。

体重は8550グラム、身長は82.6センチになった。体重は、平均の半分ほどだが、元気いっぱいだ。


お医者さんごっこがお気に入り―

母・俊子さん:
保育園から帰ってきて、自分の使った洗濯物とかを洗濯かごに入れてきてと、いつもお手伝いしてもらうので、言ったら行動に移せるところが成長したかなと感じます

関野竜佑ちゃん・4歳と兄・佑平さん
関野竜佑ちゃん・4歳と兄・佑平さん

30日は、この春から高校でスキーに励むため、軽井沢を離れ寮生活をする長男の佑平さんも久しぶりに帰宅。

長男・佑平さん:
たまに見ると、ほんとに成長してるなとは感じます

家族で誕生会(2022年10月)
家族で誕生会(2022年10月)

♪ バースデ―ソング

関野さん一家:
竜ちゃん、お誕生日おめでとう

竜佑ちゃん:
おいしい

家族で誕生会(2022年10月)
家族で誕生会(2022年10月)

長女・彩佑子さん:
(やっぱり、かわいい?)かわいい。ちょっと、やんちゃなところがかわいい

次男・隼佑さん:
(竜ちゃんが嫌なことあるとどんな感じ?)寝るふり、こうやって「カー」って

関野竜佑ちゃん・4歳
関野竜佑ちゃん・4歳

家族に見守られ、竜佑ちゃんは少しずつ体も大きくなり、できることが増えている。

母・俊子さん:
元気いっぱいで、本人が楽しく生きてくれたらいいかなって思いますね。欲を言えば、誰かのためになってくれたらうれしい

(長野放送)

(FNNプライムオンライン11月13日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

健康・医療 FNNニュース 子育て 長野県