母・横田早紀江さん「非常に苦しい時期」 めぐみさん拉致から45年

社会 国際・海外


新潟市で12日、拉致問題の解決を訴える集会が開かれ、横田めぐみさんの母・早紀江さんは「非常に苦しい時期に来た」と、不安な気持ちを訴えた。

新潟市で開かれた集会には、横田めぐみさんの弟・拓也さん、哲也さんや、拉致被害者の曽我ひとみさんなどが出席した。

横田めぐみさんは、11月15日に北朝鮮に拉致されてから45年となり、母・早紀江さんは、中継で会場の出席者に悲痛な思いを訴えた。

めぐみさんの母・横田早紀江さん「体調がよくなくなってきたので、本当に元気で会えるのかなという思いとか、いろんなことが交錯して、非常に苦しい時期に来たなという感じです」

出席した家族らは、1日も早い問題解決と、被害者の早期帰国を訴えた。

(FNNプライムオンライン11月13日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース アジア 新潟県