天皇皇后両陛下「海づくり大会」に 稚魚を放流・児童と交流

社会 皇室


「全国豊かな海づくり大会」出席のため、兵庫県を訪問中の天皇皇后両陛下は、稚魚の放流行事に臨まれた。

13日午後2時過ぎ、両陛下は「全国豊かな海づくり大会」の放流行事が行われる明石港の会場に到着された。

直前まで降っていた雨がやみ、海上では、大漁旗を掲げた漁船およそ100隻が歓迎のパレードを行い、両陛下は、笑顔で手を振って応えられた。

引き続き両陛下は、「明石鯛」で有名なマダイなどの稚魚を地元の高校生から受け取り、海にそっと放流された。

その後、両陛下は県の水産技術センターを訪れ、地元の小学生が参加する水産教室を見学し、児童たちと交流された。

(FNNプライムオンライン11月13日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 皇室・王室 兵庫県 皇室