【速報】茨城など震度4 東京は震度3 震源は三重県沖“異常震域”か

社会 気象・災害 暮らし


14日午後5時9分ごろ、関東や東北で、震度4を観測する地震があった。

震源は三重県沖で、揺れが観測された地域と震源が離れている「異常震域」と呼ばれる揺れだったとみられている。

午後5時9分ごろ、三重県南東沖を震源とする地震があった。

震度4が観測されたのは、福島・双葉町、浪江町、茨城・つくばみらい市。

東京・千代田区でも震度3となるなど、関東・東北地方の広い範囲で揺れが確認された。

震源の深さは350kmと深く、地震の規模を示すマグニチュードは6.1だった。

揺れが観測された地域と震源は離れていて、異常震域と呼ばれる揺れだったとみられている。

JR東海によると、この地震により、東海道新幹線は、静岡県の新富士駅と愛知県の名古屋駅の間で安全確認のため、一時運転を見合わせていたが、午後5時22分に運転を再開した。

静岡・掛川市付近で停車した東海道新幹線の車内の映像では、一部の電気が消え、車内は真っ暗となっているのがわかる。

一方、日本原子力発電によると、茨城県の東海原発と東海第2原発で確認を行った結果、異常は見られないという。

(FNNプライムオンライン11月14日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 地震 地震・噴火