タクシー初乗り500円に 東京23区などで 15年ぶり値上げ

社会 旅と暮らし


14日から、東京23区と武蔵野市・三鷹市で、普通車の初乗り運賃が420円から500円に引き上げられた。

タクシー運賃の値上げは、消費増税を除くと15年ぶり。

上昇率は、およそ14%で、1989年以降では最大。

利用客「いよいよ来たかっていう感じですね」

加算運賃の上限も、これまでの「233メートルごとに80円」から、「255メートルごとに100円」へと引き上げられる。

値上げは、キャッシュレス化への対応や、燃料費の高騰などにともなうものだというが、一番の理由は、乗務員の賃上げ。

新星自動車株式会社・上埜隆太郎社長「コストカットだけでは、どうしてもタクシーの乗務員の給料が上げられないというのが現実」

12月からは、愛知・名古屋市とその周辺でもタクシー運賃の値上げが予定されていて、今後、全国のほかのエリアでも続く可能性がある。

(FNNプライムオンライン11月14日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 東京都