米中首脳 バリ島で会談 初めて対面で実施

国際・海外


G20サミット(主要20カ国・地域首脳会議)を前に、アメリカのバイデン大統領と中国の習近平国家主席による、初めての対面での首脳会談が14日、インドネシアのバリ島で行われている。

会談は日本時間の午後6時半過ぎから始まり、会場に到着した両首脳は、笑顔で握手を交わした。

会談では、8月のペロシアメリカ下院議長の台湾訪問以降、緊張関係にある両国が、軍事衝突などに陥らないよう、関係改善の一歩を踏み出せるかが焦点。

バイデン大統領「今後も、これまで通り率直な対話を続けていきたいと思う」

アメリカ政府高官は、会談の最大の目的を「関係の土台を作ることだ」と強調し、中国の意図や狙いを把握して、両国の意思疎通を正常に戻す足がかりにしたい考え。

一方で、中国は、アメリカに対しては台湾に肩入れしすぎように強くくぎを刺すとみられ、会談の行方が注目されている。

バイデン大統領は、日本時間の午後10時半から会見を開き、会談の詳細を説明する予定。

(FNNプライムオンライン11月14日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 米国 アジア