住所非公開でメニューはパフェとドリンクのみ…謎だらけの「パフェバー」に潜入【愛知発】

地域 旅と暮らし

名古屋市中区の伏見に、会員制のパフェバーが誕生した。住所は非公開で、食べられるのも限られた人だけの謎だらけの「パフェの店」に潜入した。

甘いパフェに合うお酒と一緒に楽しむのが大人の愉しみ方…

11月、名古屋市中区の伏見にオープンした「リメイクイージー名古屋」。落ち着いたシックな雰囲気の大人のバーで、カウンターに座りお客さんたちがパフェを食べていた。


注文できるメニューは3種類のパフェとドリンクのみ、住所も「非公開」だ。非日常の空間を楽しむ会員制のパフェバーだ。


パフェだけでも注文できるが、パフェにあったお酒と一緒に味わうと、美味しさがアップするという。

例えば、たっぷりのイチゴにバニラアイス、それを覆うようにホワイトチョコレートムースが盛られた、看板メニュー「イチゴの花畑パフェ」(3200円)には…。


アンズの杏仁から作られたリキュール・アマレットをジンジャーエールで割った「アマレットジンジャー」(1430円)。アンズはイチゴと同じバラ科の植物ということで、相性がいいそうだ。


名古屋コーチンの卵を使った、自家製プリンの「プリンアラモードパフェ」(3200円)には、濃厚な味を引き立てる「アイリッシュ・コーヒー」(1430円)が合う。


事前のクラウドファンディングを通し、すでに1000人近くが会員になっていて、会員募集のタイミングは不定期。次の募集はSNSの公式アカウントで告知されるとのこと。

(東海テレビ)

(FNNプライムオンライン11月15日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 愛知県