小池書記局長がパワハラで警告処分 共産党

政治・外交


共産党の小池書記局長が、党の会議でパワーハラスメントを行ったとして、警告処分となった。

共産党・小池書記局長「パワーハラスメントそのものであった。あってはならないことだった。再び繰り返さないためには、深刻な反省と自己改革が必要だと」

小池氏は、5日の会議で、地方議員の名前を間違って報告したにもかかわらず、指摘した田村智子政策委員長に対し、「間違えていない。訂正する必要はない」と厳しい口調で叱責(しっせき)したという。

共産党は、14日の常任幹部会で、小池氏を警告処分とした。

小池氏は、田村氏に直接、謝罪したということで、「ハラスメント根絶を目指す党の一員として、自己改革に努める」としている。

また、志位委員長も会見で、「共産党にとって絶対にあってはならない言動だ。わたしも責任を痛感している」と述べた。

(FNNプライムオンライン11月15日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース