日中首脳 17日に対面会談 岸田氏「主張すべきは主張」

政治・外交 国際・海外


岸田首相は、習主席と17日に会談することになった。

日中首脳の対面での会談は、およそ3年ぶりとなる。

インドネシアを訪問中の岸田首相は14日、EU(ヨーロッパ連合)のフォンデアライエン委員長と会談した。

会談で両首脳は、中国が海洋進出の動きを強める東シナ海や南シナ海について、「力を背景とした一方的な現状変更の試みに反対する」と表明した。

これに先立ち政府は、岸田首相が次の訪問国・タイで、習主席との会談を行うと発表した。

松野官房長官「17日、APEC(アジア太平洋経済協力会議)首脳会議の機会に、習近平中国国家主席と日中首脳会談を行う予定」

会談について岸田首相は、13日に、「主張すべきは主張し、責任ある行動を求める」と述べている。

(FNNプライムオンライン11月15日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース アジア