ゼレンスキー大統領が奪還の地訪問 「戦争の終わりの始まり」

国際・海外


ウクライナのゼレンスキー大統領は、奪還した南部へルソン州の首都・へルソンを訪問し、「戦争の終わりの始まりだ」と述べ、兵士らを激励した。

ゼレンスキー大統領は14日、市民らに歓声で出迎えられ、へルソン中心部で、兵士らとともに国旗掲揚式を行った。

ゼレンスキー大統領「これは戦争の終わりの始まりか? 当然だ」

ゼレンスキー大統領は、「ロシアに占領された領土を一歩ずつ取り戻している」と強調したうえで、すべてを奪還する決意を示した。

ヘルソンでは、水や電気などがない状態が続いていて、市民らは、元の生活に戻るよう期待している。

(FNNプライムオンライン11月15日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 欧州