【速報】7-9月の実質GDP前期比年率1.2%減 4四半期ぶりのマイナス成長

経済・ビジネス

ことし7月から9月までのGDP=国内総生産は、物価変動の影響を除いた実質の成長率が前の3カ月と比べて0.3%減り、年率に換算して1.2%の減少となった。

4四半期ぶりのマイナス成長だ。

GDPの半分以上を占める「個人消費」がプラス0.3%と伸び悩み、「住宅投資」もマイナス0.4%となったほか、「輸入」がプラス5.2%と大きな伸びとなったことが、GDPの成長率の押し下げにつながった。

(FNNプライムオンライン11月15日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース