ロシア・ラブロフ外相 緊急搬送 “ホテルで動画”実は病院で?

国際・海外


G20サミット(主要20カ国・地域首脳会議)に出席するため、インドネシア・バリ島に到着したロシアのラブロフ外相が、病院に緊急搬送されていたことがわかった。

インドネシアの政府関係者などによると、ラブロフ外相は、13日にバリ島に到着後、心臓の不調を訴え、14日に病院で検査を受けたという。

一方、ラブロフ外相自身は、フェイクニュースだと否定。

Tシャツ姿で、ホテルの庭でリラックスしている動画を公開した。

ラブロフ外相「欧米のジャーナリストには1つ(西側)の視点に限定せず、より誠実に、かつ真実を頻繁に書いてほしい」

しかし、イギリスを拠点とする調査集団「べリングキャット」は、衛星写真を分析した結果、この映像がホテルではなく、病院で撮影されたものだと指摘した。

また、一部のロシアメディアは、G20関係者の話として、ラブロフ外相が予定より早く現地を離れる可能性があると報じていて、体調不良との見方も出ている。

(FNNプライムオンライン11月15日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 欧州 ロシア