維新・中条きよし議員「私の新曲買って」 国会質疑でまさかの“宣伝発言” ラストディナーショーもPR

政治・外交


歌手で俳優の中条きよし議員(76)が、教育や文化を議論する国会質疑の中で、自分の新曲とディナーショーを宣伝するような発言をし、波紋が広がっている。

異例の発言があったのは、15日の参議院文教科学委員会だった。

日本維新の会・中条きよし議員「もう時間だということなので、最後になりますけど、私の新曲が9月7日に出ております。杉本眞人の作曲で、昭和のにおいのする『カサブランカ浪漫』という曲でございます。ぜひ、お聞きになりたい方はお買い上げください」

国会の場で、新曲の宣伝ともとれる発言をしていたのは、長年、歌手や俳優として活躍する中条きよし議員。

7月の参議院選挙で、日本維新の会から出馬し、初当選を果たした。

代表曲「うそ」やドラマ「必殺」シリーズへの出演で知られる中条議員は、15日の委員会で、自らの経歴を生かし、歌手や役者への補償や支援などを質問。

最後に突然、自らの新曲とディナーショーについてPRを行ったのだ。

中条議員「そして、10月28日に『中条きよしラストディナーショー』というのをやります。ことし最後のディナーショーではなく、芸能界最後のラストディナーショーでございます。ぜひ機会がございましたら、皆さん、これから76年間、一国民として頑張ってまいりました。とりあえずは、これから違う、このステージで頑張りたいと思います。ありがとうございます」

このあと、同じ維新の松沢成文議員が、「不適切な発言があった」と指摘。

委員長は、「調査のうえ、適切な措置をとる」としている。

中条議員の事務所は、フジテレビの取材に対し、「宣伝する意図はなかった」と説明した。

中条議員の事務所「本人の意図はディナーショーに来てくださいということではなく、これを最後に芸能界から引退するから新たなところで頑張っていきますと言いたかった」

発言が適切でない場合は、「議事録から削除してください」とその場で申し出たという中条議員。

事務所は、「まだ党からもどこからも注意を受けていないので、そういう話があれば、適切に対応したい」としている。

(FNNプライムオンライン11月15日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース