クレーン車と乗用車が衝突 10代~20代5人乗車 2人死亡 対向車線にはみ出しか

社会


道路脇の斜面に、傾いた状態で止まっている大型のクレーン車。
道路上にはタイヤや車の部品が散乱している。

その奥では、捜査員が、後部ドアが開いたままの黒い乗用車を調べていた。

15日午前6時40分ごろ、茨城・河内町の県道で、近くに住む人から「クレーン車と乗用車の事故で、乗用車が横転している」との110番通報があった。

事故があったのは、川沿いにある一本道で、かなり見通しはいいように感じられる。

クレーン車は、右側の後輪が完全に浮いてしまっていた。

110番通報した住民「ドーンという音だった。ものすごい音だった、衝撃音が。娘がちょっと上(の道路)まで上がったら、もう乗用車が横転していた」

衝突の衝撃で、黒い乗用車のフロント部分は大きく破損。

消防によると、この乗用車には、10代から20代の男性3人と女性2人の、あわせて5人が乗っていた。

男性2人が意識不明の重体で病院に搬送されたが、まもなく死亡が確認された。

110番通報した住民「(目撃した)娘が言うには、その時3人見えて、若い男の子と女の子が窓からというか、外に2人飛び出ている。1人が助手席のドアに挟まれて動けない状態」

事故現場は、利根川の堤防沿いの県道で、片側1車線の直線道路。

どちらかの車が対向車線にはみ出して正面衝突したとみられ、事故直後、乗用車はフロント部分が大破し、横転。

クレーン車は、道路脇の斜面に傾いた状態で止まっていた。

事故当時、この道路は雨で路面がぬれていたという。

さらに地元では、「スピードを出す車が多く、よく事故が起きる道路だ」という声も上がっていた。

近隣住民「よくスピード(違反)で捕まっている車がある。(以前も)すぐそこでダンプカーがひっくり返ったことあったからね」

亡くなった男性2人以外にも、乗用車に乗っていた3人が病院に搬送され、治療を受けている。

クレーン車の運転手は、病院には運ばれていないという。

警察は、くわしい事故原因を調べている。

(FNNプライムオンライン11月15日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 茨城県