トー横の「ハウル」拘置所で死亡 初公判を前に体調が急変

社会


東京・新宿の歌舞伎町にある、「トー横」と呼ばれる広場。

そこにある椅子に15日午後、1輪の花が置かれていた。

広場にいた人「ここに“ハウル”がいて、仲間がみんないるみたいな。『天国でも幸せに』って意思を込めて、誰かが置いてくれたのかな」

10代の男性が「ハウル」と呼ぶのは、16歳の少女にみだらな行為をした疑いで、6月に逮捕・起訴された小川雅朝被告(33)。

勾留されていた東京拘置所で14日、死亡したことが15日に明らかになった。

金色の長い髪に、首元まで入ったタトゥー。

2022年6月には、警察車両に乗り込む間際、「帰ったらメシ作ってやるからな!」と叫んでいた。

新宿東宝ビルの横の広場、通称「トー横」で、「ハウル・カラシニコフ」と名乗っていた小川被告。

行き場のない10代の少年少女に、ボランティアで炊き出しなどを行う団体の代表を務めていた。

小川被告は、トー横で知り合ったとみられる16歳の少女に対し、みだらな行為をした罪で、22日に初公判を控えていた。

関係者によると、14日午前、東京拘置所内で体調が急変し、その後、死亡したという。

トー横には、15日も小川被告から食事を与えられたという若者がいた。

広場にいた人「人が死んでいい気持ちになる人なんていない。仲が良かった方なので、僕は人一倍悲しいです」

警視庁は16日、司法解剖し、死因などを調べることにしている。
 

(FNNプライムオンライン11月15日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 東京都