ゼレンスキー氏「親愛なるG19」 ロシア軍撤退を訴え

国際・海外


ウクライナのゼレンスキー大統領は、G20サミット(主要20カ国・地域首脳会議)でビデオ演説を行い、ロシアを除いた国々を「親愛なるG19」と呼び、戦争終結を訴えた。

インドネシアのバリ島で開幕したG20サミット。

初日は、ロシアのウクライナ侵攻の影響によるエネルギーや食料の世界的な価格高騰について議論し、ゼレンスキー大統領がビデオで演説を行った。

その中で、ロシアを除いた国々を「親愛なるG19」と呼び、「ロシアはウクライナの領土から、すべての軍隊を撤退させなければならない。核による裏切りは言語道断だ」と訴えた。

(FNNプライムオンライン11月15日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 欧州 ロシア