日本人初「国際子ども平和賞」に大阪の高校生 過去にはマララさん グレタさんが受賞

国際・海外


日本の高校生が、子どもの権利のために活動した子どもとして、世界に認められた。

深紅の振り袖姿でレッドカーペットを歩くのは、大阪の高校生・川崎レナさん(17)。

日本人で初めて、国際子ども平和賞を受賞した。

子どもの権利のために、大きく貢献した若者に贈られる国際子ども平和賞。

これまでノーベル平和賞を受賞した、人権活動家のマララ・ユスフザイさんや、スウェーデンの環境活動家、グレタ・トゥンベリさんなども受賞している。

川崎レナさん「私がこの活動を始めたきっかけは、悔しさでした。変わりそうにない日本。自分の生まれた国、日本を誇りに思えないことに、とてつもない悔しさを感じた」

川崎さんは、14歳のとき、環境問題や人権問題などに取り組む、国際的NGOの日本支部を創設。

学校と地域の政治家を、直接バーチャル会議でつなぎ、子どもたちが政治に積極的に参加できるようにするなど、若者の政治や社会参加を促進してきた。

そうした活動が評価され、世界46カ国175人以上の中からの受賞となった。

将来は、日本の行政に携わっていきたいという川崎さんの未来図は。

川崎レナさん「日本の行政の中で、本当に素晴らしいシステムがあるけれど、過去の事例がないとか、これまでやったことがないからという理由で、新しいイノベーションが起こらなかったりするので、人を動揺させて、不安にさせるような存在になることによって、その不安や動揺が、日本の大きな行政という壁にひび割れを入れて、多様な声が日本の行政の中に入ってくるのが当たり前の世の中にしていきたい」

(FNNプライムオンライン11月16日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース