【速報】G7・NATOが緊急首脳会合 ポーランドにミサイル着弾で対応協議

国際・海外 政治・外交


G20サミット(主要20カ国・地域首脳会議)が開かれているインドネシアのバリ島では、ロシア製のミサイルが、ポーランドに着弾したことを受け、G7とNATO(北大西洋条約機構)の首脳による緊急会合が行われた。

現地から、FNNバンコク支局・田中剛支局長が中継でお伝えする。

G20は、閉幕を前に緊張した雰囲気となっている。

G7とNATO主要国の首脳は、午前中の予定を急きょ変更し、日本時間の午前10時ごろからおよそ40分間、ロシアのミサイルがポーランドに着弾したことについて、対応を協議した。

アメリカ・バイデン大統領「われわれがG20で集まっている時に、ロシアはウクライナでの事態を悪化させている」

また、フランスのマクロン大統領は、午後に行われるG20サミットで議題にすることを明らかにしている。

一方、今回のサミットでは、ほとんどの参加国が、軍事侵攻を続けるロシアを強く非難している。

「ウクライナから完全かつ無条件の撤退を要求する」ことを盛り込んだ首脳宣言が採択される見通し。

(FNNプライムオンライン11月16日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 欧州