容疑者親族「殺したのなら補償を」 「自殺」一転...川に落とし男性殺害

社会


川に知人男性を落とし、死亡させたとして、男3人が逮捕された事件で、容疑者1人の親族が取材に応じた。

逮捕された木浦修平容疑者(30)と松森裕太容疑者(30)ら3人は、2022年9月に岡山市で、パート従業員・水内悠太さんを川に落とし、溺死させた傷害致死の疑いが持たれている。

警察は当初、自殺として処理したが、10月に、容疑者の1人が自首して事件が発覚した。

逮捕された松森容疑者の親族が、取材に応じた。

松森容疑者の親族「(松森容疑者は)おとなしい、あまり殴らない。殺したのなら補償しないといけない」

水内さんの遺族は、「犯人には、しっかり責任を取ってもらいたいです」とコメントしている。

(FNNプライムオンライン11月16日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 岡山県