ポーランドにミサイル着弾 “迎撃弾”ゼレンスキー氏が否定

国際・海外


ロシア製のミサイルがポーランドに着弾したことについて、ウクライナのゼレンスキー大統領は、「われわれのミサイルや攻撃ではないことは間違いない」とあらためて否定した。

ロシア製のミサイルは15日、ウクライナ国境に近いポーランド東部に着弾し、2人が死亡した。

住民女性「2回爆発があった。近くでガスボンベが爆発したような音だった。私たちはみんな伏せた」

NATO(北大西洋条約機構)のストルテンベルグ事務総長は16日、「ロシアがNATOに対する攻撃を計画している兆候はない」としたうえで、着弾したのは、ウクライナ軍の迎撃ミサイルだとの見方を示した。

また、ロシア国防省は16日、着弾したのは、ウクライナ軍の地対空ミサイル「S300」とみられると発表。

ロシア外務省も声明で、「完全なうそを根拠もなく言い広めた。あらゆる機会を利用し、ロシアを非難している」と反発した。

これに対し、ウクライナのゼレンスキー大統領は16日、「われわれのミサイルや攻撃ではないことは間違いない」と否定した。

そのうえで、「われわれが防空ミサイルを使用したとするのであれば、証拠が欲しい」と述べ、調査への参加を求めた。

(FNNプライムオンライン11月17日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 欧州