【速報】「スクウェア・エニックス」従業員だった男を逮捕 新作ゲーム開発でインサイダー取引 東京地検特捜部

社会

スマートフォン向けの新作ゲームの開発情報をめぐり、ゲーム会社「スクウェア・エニックス」の従業員だった男ら2人が、インサイダー取引をした疑いで、東京地検特捜部に逮捕されました。

金融商品取引法違反の疑いで特捜部に逮捕されたのは、スクウェア・エニックス従業員だった佐崎泰介容疑者(38)と、知人の鈴木文章容疑者(40)の2人です。

佐﨑容疑者は、スクウェア・エニックスに勤務していた2019年11月下旬ごろ、スクウェア・エニックスとオンラインゲーム制作会社「Aiming」が共同で開発していた、スマホ向けの新作ゲームに関する情報を知ったということです。

そして、その情報が発表される前に、Aimingの株式およそ16万2000株を、合わせておよそ4720万円で買い付けた、インサイダー取引の疑いがもたれています。

佐崎容疑者は、取引の際、自身の名義で買い付けた他、知人の鈴木容疑者に買い付けさせていました。

スクウェア・エニックス本社(東京・新宿区)
スクウェア・エニックス本社(東京・新宿区)

(FNNプライムオンライン11月17日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース