ドラム缶にコンクリート詰め遺体 愛知から青森まで「車で運んだ」

社会


青森・弘前市で、ドラム缶の中から見つかったのは、コンクリート詰めにされた男性の遺体だった。

警察は、この男性に暴行を加え、死なせたとして、愛知・小牧市の内装会社代表・勝田茂容疑者(51)と、当時この会社で働いていた奥村博容疑者(49)ら、男4人を逮捕した。

遺体で見つかった男性は、7年前から行方不明になっていた当時26歳の平塚崇さん。

事件は、2015年2月上旬ごろに起きた。

勝田容疑者らは、下請け会社の従業員だった平塚さんの胸や腹などに暴行を加え、自宅で死亡させた疑いが持たれている。

勝田容疑者を知る人は、半年ほど前の様子について、「(最後に勝田を見かけた時の様子は?)困っている感じ。とにかく困っているみたいな」と話した。

事件が発覚したのは、犯行から7年が経過した2022年2月の通報だった。

「『たかし』という男が、勝田らに殺された」といった通報を受け、警察が勝田容疑者らに任意で事情を聴いたところ、「ドラム缶に遺体を詰めて、青森県内に車で運んだ」と供述した。

小牧市から青森・弘前市までの距離は、およそ900km。
車で11時間以上かかる。

警察は8月中旬、弘前市内の資材置き場でドラム缶を発見。

中からコンクリート詰めにされた平塚さんの遺体が見つかった。

警察は、4人の認否について、明らかにしていない。

平塚さんの母親は、警察を通じて、「どんな理由があったとしても、犯人を許せない」とコメントを出した。

警察は、勝田容疑者らが、暴行を受けて死亡した平塚さんの遺体をドラム缶に詰めたあとに車で運び、遺棄したとみて、犯行の動機などを調べている。

(FNNプライムオンライン11月17日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 青森県