山上容疑者の鑑定留置延長 安倍元首相銃撃事件

社会


安倍元首相の銃撃事件で逮捕された男の鑑定留置が、2023年2月まで延長されることが決まった。

殺人の疑いで逮捕された、山上徹也容疑者(42)の刑事責任能力を調べるため、2022年7月25日から、奈良地検による鑑定留置を受けている。

鑑定留置の期間は、11月29日までのおよそ4カ月だったが、17日、奈良地検は期間の延長請求を行い、2023年2月6日までの延長が決まったと発表した。

奈良地検は、延長の理由を明らかにしていない。

(FNNプライムオンライン11月17日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 奈良県