日米演習で機動戦闘車 沖縄の公道を初走行

政治・外交


17日正午ごろ、自衛隊の輸送機で沖縄の与那国島の空港に運び込まれたのは、105mm砲を搭載した機動戦闘車。

機動戦闘車は、空港の敷地内から公道に出て、およそ5km離れた陸上自衛隊与那国駐屯地まで移動した。

機動戦闘車が沖縄県内の公道を走ったのは、初めて。

一方、沖縄の地を戦場と想定することや、米中対立の環境下で無用な緊張を呼び込むなどとして、訓練の中止を求める声も上がっていた。

(FNNプライムオンライン11月17日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 沖縄県