イーロン・マスク氏「激務が嫌なら退職を」 社員にメールを送る

国際・海外


社員の半数をすでに解雇しているツイッター社のイーロン・マスクCEO(最高経営責任者)が、長時間働くことに賛同できない社員は退職するよう迫るメールを送っていた。

アメリカメディアによると、16日、マスク氏がツイッター社の社員に送ったのは「分かれ道」というタイトルのメール。

メールには、「ツイッターが成功するためには、極端にならなければならない。これは長時間、猛烈に働くことを意味する」とあり、「新しいツイッターの一員になりたいなら、添付したリンクのイエスをクリックしてほしい」と求めたという。

期限は17日午後5時までで、同意しない社員は「給料3カ月分の退職金を受け取ることになる」としている。

(FNNプライムオンライン11月17日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 米国