マレーシア機撃墜 ロシア人ら3人に終身刑

国際・海外


8年前にマレーシアの旅客機がウクライナ東部上空で撃墜され、乗客・乗員およそ300人が死亡した事件で、オランダの裁判所がロシア人ら3人に、終身刑を言い渡した。

この事件は2014年7月、マレーシア航空のオランダのアムステルダム発マレーシアのクアラルンプール行きの旅客機が、ウクライナ東部上空で撃墜され、乗客・乗員298人全員が死亡したもので、ロシア人3人と親ロシア派武装組織幹部のウクライナ人1人が殺人などの罪に問われていた。

17日の判決では、旅客機を撃墜したミサイルの発射に関わった3人に終身刑、1人は「証拠不十分」として、無罪を言い渡した。

この事件をめぐっては、4人ともドンバス紛争に関わっていたとされ、親ロシア派を支えていたロシア政府が関与しているとも指摘されていた。

裁判所は、ロシア政府の関与については言及しなかったが、実行犯のロシア人2人と親ロシア派武装組織の幹部のウクライナ人1人に実刑判決を出したことで、事実上、ロシア政府の関与を認めた形。

ただ、ロシア政府は4人の身柄の引き渡しに応じておらず、この判決を「ロシアが事件に関与したというオランダの主張を裏付けるための政治的秩序に基づいた結果だ」と批判した。

一方で、ウクライナのゼレンスキー大統領は、「黒幕の責任を問うことも重要だ」とロシア政府の責任を追及した。

(FNNプライムオンライン11月18日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース