【速報】EEZ内 北海道の西に落下か 北朝鮮 ICBM級ミサイル

国際・海外 安保・防衛


北朝鮮が、ICBM(大陸間弾道ミサイル)級のミサイルを発射した。

防衛省によると、ミサイルは、日本のEEZ(排他的経済水域)内、北海道の渡島大島の西およそ210km周辺の海域に落下した。

防衛省によると、北朝鮮は18日午前10時14分ごろ、ICBM級の弾道ミサイルを、朝鮮半島西岸付近から日本海方面に1発発射した。

ミサイルは、日本のEEZ(排他的経済水域)内、北海道の渡島大島の西およそ210km周辺の海域に落下した。

北朝鮮のミサイルがEEZ内に落下すれば、2022年3月24日以来。

これを受け、外遊中の岸田首相は、「航空機・船舶などの安全確認を徹底すること」などの指示を出している。

(FNNプライムオンライン11月18日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース