北海道の西200km「EEZ内に落下」 北朝鮮の“ICBM級” アメリカ本土も射程か

国際・海外


北朝鮮が18日に発射したICBM(大陸間弾道ミサイル)級の弾道ミサイルについて、政府は、日本のEEZ(排他的経済水域)内に落下したとみられると明らかにした。

北朝鮮は、午前10時14分ごろ、平壌近郊から1発のICBM(大陸間弾道ミサイル)級ミサイルを日本海に向けて発射した。

防衛省によると、ミサイルはおよそ69分間飛行し、午前11時23分ごろに、北海道の渡島大島の西およそ200kmの日本のEEZ(排他的経済水域)内に落下したとみられるという。

松野官房長官は会見で、およそ1,000km飛行し、最高高度はおよそ6,000kmとみられるとしたうえで、通常より角度をつけて打ち上げる「ロフテッド軌道と推定される」と述べた。

浜田防衛相「弾頭重量等によっては、1万5,000kmを越える射程となりうるとみられ、その場合、米国本土が射程に含まれることになる」

浜田防衛相は、今回のミサイルの軌道に基づいて計算すると、弾頭の重さによってはアメリカ本土が射程に含まれるとの認識を示した。

(FNNプライムオンライン11月18日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース アジア