秋田県知事の発言が物議 「外国人マスクなしで大騒ぎ」

社会


新型コロナウイルスの第8波のピークが、年内にも来るとの予測が出された中、秋田県の佐竹敬久知事が発した言葉が物議を醸している。

記者「外国人の感染防止について、国からもコミットメント(関与・参加)してほしいと話していて、やっぱりこの間フランス...」

佐竹敬久知事「あのですね、まずフランスのみならず、フランスに行ったらいろいろなところから観光が相当来ています。そういう国では、コロナ対策についてはほとんどやっていないと」

17日の会見で、佐竹知事がせきを切ったように話し始めたのは、知事が10月に訪問したフランス国内でのコロナ対策について。

続いて知事は、秋田県内で見かけられる外国人観光客の振る舞いについて、こう指摘した。

佐竹知事「今、うちの仙北市に行きますと、相当今(外国人観光客が)入っています。聞きますと、やはりマスクなしで飲食店で大騒ぎと、バンバンやっていました。注意しても聞かないと」

「外国人観光客はマスクなしで大騒ぎ」と、飲食店での行動を問題視。

そのうえで次のように発言し、水際対策の強化を国に求めた。

佐竹知事「この方々が普通にやっておいて、日本人だけに不要不急の外出を制限する、自粛する。これはちょっと矛盾するでしょう。やっぱりね、例えば外国人の方についても注意喚起を、国が空港とかで当然ね、やってもらわないと困るんですよね」

この発言の背景にあるとみられるのが、県の名産品を売り込むために訪問したフランスでの体験。

佐竹知事は、訪問から帰国後にコロナ陽性が判明。
10月末に復帰した際、報道陣に発した発言が物議を醸していた。

佐竹知事「あっち行くとね、みんな(コロナに)かかるよ。フランスはね、コロナは無視。検査なし」

外国人の振る舞いばかりをあげつらう知事の発言に、県民の意見は...

秋田県民「別に外国人じゃなくても、日本人でも注意しても聞かない人もいるし、外国人はっていう決めつけで、ちょっと差別的かなっていうふうには思います」

秋田県民「そんなに騒がなくてもいいかなって気はしますけどね」

18日、あらためて佐竹知事に発言の真意を聞くと...。

佐竹知事「(外国人だけを取り上げると差別を助長するのでは?)外国人は、自分の国がスタンダードだもんね。あちらの方はマスクなしが普通。そこは日本に来たらマスクお願いしますね(ということ)。差別とかいうのではなく、現実がそうなんですよね」

発言は、あくまで「県内の現状をふまえたもの」だとして、あらためて空港などでの水際対策の徹底を求めた。

(FNNプライムオンライン11月18日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 秋田県