小池知事と都幹部らがタートルネック着用 「みんなで乗り切る」省エネ対策呼びかけ

社会


東京都の小池知事は冬本番に備えて、省エネ対策として「タートルネック」の着用を呼びかけた。

小池知事は「それぞれ工夫しながら、この冬の厳しいエネルギー情勢、これをみんなで乗り切るための一つのツール」と述べた。

都はエネルギー価格が高騰する中、12月1日から来年3月末までを電力需給ひっ迫に備えて、節電や電力創出の取り組みを推進する期間に設定した。

この間、小池知事は「WarmBiz」の新しい「共感アイテム」として、タートルネックの着用を呼びかけた。

対策会議では、都の幹部が一斉にタートルネック姿で出席するなか、小池知事は「都庁の職員がタートルネックで職場で仕事をするということを是として取り組んでいく」「首を温めると体感温度で暖かく感じ、節電にもつながる」と一石二鳥の効果をアピールした。         

(FNNプライムオンライン11月18日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース