【速報】金正恩氏 ミサイル発射視察 初公開 娘と手つなぎ写真

国際・海外


北朝鮮メディアは18日、ICBM(大陸間弾道ミサイル)「火星17」型の試験発射を行い、金正恩(キム・ジョンウン)総書記が、妻と娘とともに立ち会ったと報じた。

19日朝の労働新聞は、18日に実施したとする新型のICBM「火星17」型の試験発射の写真を20枚以上掲載した。

ミサイルが、移動式の発射台から炎を上げて空に上昇していく様子が確認できるほか、「愛する子どもと夫人とともに発射現場を視察しました」として、金総書記の娘とみられる少女と手をつないだ姿が確認できる。

今回のミサイルは、最高高度が6,040km、飛行距離は999kmで、およそ69分間飛行し、日本海上の予定水域に正確に着弾したとしている。

金総書記は、「核には核で、正面対決には正面対決で応える」と述べたと報じられている。

(FNNプライムオンライン11月19日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース アジア