科捜研でミニチュア銃誤射 男性職員が手をけが

社会


神奈川県警科学捜査研究所で、職員が銃を誤って発砲し、けがをした。

18日、神奈川・横浜市にある県警の科捜研で、講習で使用する銃を男性職員(32)が誤って発砲し、手をけがする事故があった。

長さ7cmの小さな銃で、およそ2mmの弾が入っていた。

神奈川県警は、「安全管理を徹底し、再発防止に努める」とコメントしている。

(FNNプライムオンライン11月19日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 神奈川県