金正恩総書記“娘”とともに視察 北朝鮮 ICBM発射

国際・海外


北朝鮮メディアは19日朝、ICBM(大陸間弾道ミサイル)「火星17」型の試験発射が18日に行われ、金正恩(キム・ジョンウン)総書記が、妻と娘とともに視察したと報じた。

19日朝の労働新聞は、18日に実施したとする新型のICBM「火星17」型の試験発射の写真を20枚以上掲載した。

ミサイルが移動式の発射台から炎を上げ、上昇する様子が確認できる。

試験発射の現場には、李雪主(リ・ソルジュ)夫人とともに、金総書記の娘が同行したと報じられていて、写真では、白いダウンジャケットを着た少女が、金総書記と手をつないで歩いたり、かたわらでミサイル発射を見守っている姿が公開されている。

北朝鮮メディアが、金総書記の娘の存在を報じるのは初めて。

金総書記は、「敵が威嚇を続けるならば、核には核で、正面対決には正面対決で応える」と述べ、日米韓首脳会談で「拡大抑止」を強化する方針を示した3カ国を強くけん制している。

(FNNプライムオンライン11月19日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース