大阪府警 捜査員をブラジルへ 妻娘殺害容疑で国際手配

社会


大阪府警は、2022年8月に大阪・堺市で妻と娘を殺害した疑いで国際手配した、バルボサ・アンデルソン・ロブソン容疑者(33)が潜伏しているとみられるブラジルに捜査員を派遣した。

バルボサ容疑者は、FNNの取材に対して「娘は殺してない」などと答えている。

捜査員はブラジルの捜査当局に事件の説明をするとともに、現地の法律で処罰する「代理処罰」の要請も視野に協力を求める方針。

(FNNプライムオンライン11月19日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 大阪府