COP27 協議大詰め 途上国向け基金設立 採択へ

国際・海外


温暖化対策を話し合う国連の会議「COP27」は、取りまとめの難航が続いているが、気象災害の被害を受けた国への基金を設立する案がまもなく採択される見込み。

COP27の成果文書の原案には、気象災害の被害を受けやすい途上国側が求めていた「損失と損害」の支援について、「基金を設立する」ことが盛り込まれた。

この資金については、温室効果ガスを排出してきた先進国や民間に負担を求めていくと示されている。

一方で、温室効果ガスの最大の排出国である中国については、資金の出し手として言及されていない。

現在も、成果文書の合意に向けて大詰めの協議が続いている。

(FNNプライムオンライン11月20日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース