【速報】寺田総務相の更迭・後任を検討 今日中の更迭も視野

政治・外交


岸田首相は、「政治とカネ」の問題が相次いで判明している寺田総務相について、20日中の更迭も視野に検討を進めている。

最新情報を、国会記者会館から、フジテレビ政治部・門脇功樹記者が中継でお伝えする。

21日の補正予算案の審議入りを前に、更迭をめぐる判断は、まさにヤマ場を迎えていて、首相周辺は「今夜中に結論を出したい」と話している。

20日午前中、東京都内の理容室を訪れた岸田首相は、正午過ぎに公邸に戻り、松野官房長官や“右腕”と言える木原副長官らと、断続的に協議を続けている。

また与党幹部とも、水面下で調整を続けているもよう。

山際氏、葉梨氏に続き、1カ月で3人の閣僚が交代すれば、任命責任も含め政権への打撃は必至で、与党内から「政治情勢は非常に厳しくなる」との声が上がっている。

一方、更迭する場合の後任については、閣僚経験者などを軸に安定性を重視する方向だが、調整が難航しているとの見方もある。

寺田総務相「(辞任しないという考えに変わりはありませんか?)はい」、「(岸田首相と話しましたか?)まだです」

渦中の寺田総務相は、広島・呉市で、あらためて辞任の意向がないことを明らかにした。

寺田総務相は20日午後に東京に戻っているが、羽田空港では、記者団の問いかけに対し、何も答えなかった。

(FNNプライムオンライン11月20日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース