「法の支配」討論へ 林外相 2023年1月に国連安保理議長国

政治・外交


林外相は、ロシアによるウクライナ侵攻や中国の海洋進出などをふまえ、国連安全保障理事会の議長国を日本が務める2023年1月に、「法の支配」をテーマにした会合の開催を検討していると明らかにした。

林外相「世界のどこであっても、『力による支配』を許してはならない」

20日、東京都内での講演で、林大臣はウクライナ侵攻や中国の海洋進出、北朝鮮の弾道ミサイル発射に触れ、「法の支配」の重要性を強調したうえで、国連の安保理で公開討論を開くことを検討していると明らかにした。

日本が議長国を務める2023年1月に、「法の支配」をテーマに行うとしている。

(FNNプライムオンライン11月21日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース