タートルネック着用呼びかけ 東京都「冬のウォームビズ」

社会


東京都は「冬のウォームビズ」として、21日から職場でのタートルネックの着用を始めた。

この取り組みは冬の節電のために、暖房に頼りすぎず過ごすためのもので、職場での服装にタートルネックや、セーターを取り入れていこうというもの。

東京都の小池知事は、タートルネックについて「温かく、エネルギー消費が少なくなり、CO2削減につながる」と、この冬の電力不足対策の一環として活用を呼びかけている。

都庁では、普段はワイシャツとネクタイ姿の職員も、21日からタートルネックの姿で仕事をしているという。

(FNNプライムオンライン11月21日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 東京都