児童の背中に「反省文」校内歩かせ 「給食勝手に食べた」教師を処分

社会


大阪の支援学校の教師が、小学1年の児童の背中に、教師の給食を勝手に食べたことを反省する内容の紙を貼り、校内を歩かせていたことがわかった。

大阪府教育委員会によると、2020年10月、府立支援学校の20代の女性教師が、小学1年の男子児童の背中に、女性教師の給食を食べたことを反省する内容の紙を貼り、校内を2人で歩いた。

女性教師は、紙に「ぼくは先生の給食を勝手に取って食べました。反省しています」と手書きし、およそ20分間歩かせたという。

府教委によると、女性教師は「会話が難しい児童に、ほかの先生が話しかけるきっかけになると思った」と話しているという。

女性教師は、不適切な言動だったとして、2022年9月に訓戒処分を受けていて、すでに依願退職している。

(FNNプライムオンライン11月21日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 大阪府