弾道ミサイルの迎撃試験 海自のイージス艦が成功

政治・外交


北朝鮮が弾道ミサイル発射を繰り返す中、海上自衛隊のイージス艦が弾道ミサイルの迎撃試験を行い成功した。

アメリカのハワイ周辺で11月、2日間にわたって4年ぶりに行われた弾道ミサイルの迎撃試験では、海上自衛隊のイージス艦2隻から、高度数百kmで弾道ミサイルを撃ち落とすSM-3と呼ばれるミサイルを2発発射し、2発とも標的を迎撃したという。

イージス艦2隻が、同時期に発射試験を行うのは初めてのこと。

北朝鮮は、2022年に入って弾道ミサイルなどを34回発射しており、年間の発射数としては過去最多にのぼっている。

(FNNプライムオンライン11月21日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース