東京五輪テスト大会で受注調整か 総額5億円の入札めぐり

社会


東京オリンピック・パラリンピックの開催前に行われたテスト大会にからむ入札で、受注調整が行われていた疑いがあることがわかった。

東京オリンピックをめぐっては、大会組織委・元理事の高橋治之被告(78)が、スポンサー企業など5社から、2億円近くの賄賂を受け取った罪で起訴されている。

その後の関係者への取材で、贈賄側の企業の一部が、大会関連事業の入札で「談合があった」と東京地検特捜部に説明していることがわかった。

受注調整の疑いがあるのは、テスト大会に関連する入札で、契約の総額はおよそ5億円にのぼるという。

特捜部は、公正取引委員会と連携し、捜査を進めているものとみられる。

(FNNプライムオンライン11月21日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース