なぜ銀座? コンセプトは“酔いしれる” お酒にこだわるウラ側

経済・ビジネス 旅と暮らし


記者やデスクがとってきた、気になるニュースの裏側を解説する「ウラどり」。

東京・銀座に異色のホテルが誕生した。

ホテル「ザ ロイヤルパーク キャンバス 銀座コリドー」は、「酔いしれる」をコンセプトに、飲み歩きできる3つのバーを設置したほか、客室の1つがシークレットバーになっている。

客室やエレベーターまで、日本酒やスパークリングワインをイメージしたデザインで、「お酒」に徹底的にこだわっている。

注目のウラ情報は、「もともと酒造会社の土地」。

土地の歴史や、飲食店の多い目の前のコリドー街との出会いを大切に開業したこのホテル。

外国人の予約も多く、日本文化との出会いの場にもなりそう。

(FNNプライムオンライン11月21日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース